Top >  お役立ち >  ものすごい量の不用品があるときの引越し方法

ものすごい量の不用品があるときの引越し方法

"以前引越しをお手伝いした家は、新居で必要な家財道具よりも、不用品の方が圧倒的に多いという、まるでごみ屋敷のような家でした。 最初は、不用品を袋詰めしてごみ出しして・・・という普通の作業をしていたのですが、とても追いつかず、方法を変えることにしました。 まず、必要な家財道具をまとめて、とにかく引っ越してしまう(夜逃げ風?)。そして後から旧居の不用品の片づけに戻る、という作戦です。旧居の片づけと言っても、忘れ物がないかどうかを点検する程度のもので、後は業者さんにおまかせです。 よく街を軽トラで走っている不用品回収業者のおじさんを捕まえて、旧居に残ってる不用品を全部持っていてもらえませんか?と持ちかけてみたのです。そしたら、2万円でやってくれることになりました。その業者さんは、2日がかりですべての不用品を持って行ってくれました。 よくある家庭のごみのようなものから、集積所には出せないような大型のごみまでぜーんぶ持って行ってくれて2万円なら安いと思いました。たぶん、おじさんにとっては想像をはるかに超える不用品の量だったのだろうとは思いますが・・・。 新居と旧居がそれほど離れていなければ、こういう不用品の処理方法もアリではないかと思います。"

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

お役立ち

関連エントリー

ダイニングセット 単身引越しの部屋探し 引越しの荷解きと片付けの注意点 引越しで本の箱詰めが大変でした ものすごい量の不用品があるときの引越し方法 札幌から埼玉へ引越し体験談 不用品の処分はしんどい 10Km程度の距離で引越し