Top >  お役立ち >  引越しで本の箱詰めが大変でした

引越しで本の箱詰めが大変でした

去年のことなのですが、住んでいたアパートが取り壊しになるため急遽引越しをしなくてはいけなくなりました。その時に部屋の中の荷物をダンボールに入れなくてはいけなかったのですが、本の箱詰めが一番大変でした。 本は一冊ずつなら軽いのですが、たくさん積み重なるとものすごい重さになります。その上薄い本を何冊も積み重ねたり縦に並べようとすると、ちょっとしたはずみで崩れてしまうので神経を使いました。 私は読書が趣味なので持っている本の量がとても多く、大きさも色々なものがあったので本当に苦労しました。崩れないように箱詰めするには大きさごとにきちんと分類して箱に入れるのが良いのですが、その分類だけでもすごく時間がかかったことを覚えています。引越し先で箱から出して本棚に入れなおすのもまた一苦労で、一冊ずつ箱から出しては本棚に並べていくのは腰にも負担がかかって腰痛になりかけました。 読書は今でも大好きな趣味ですが、引越しや片付けの時だけは本がたくさんあると大変だなあと痛感しています。

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

お役立ち

関連エントリー

ダイニングセット 単身引越しの部屋探し 引越しの荷解きと片付けの注意点 引越しで本の箱詰めが大変でした ものすごい量の不用品があるときの引越し方法 札幌から埼玉へ引越し体験談 不用品の処分はしんどい 10Km程度の距離で引越し