« 2013年01月 | メイン

2013年02月 アーカイブ

2013年02月28日

札幌から埼玉へ引越し体験談

札幌から埼玉へ引越したことがあります。 共働きで時間が取れなかったので、らくらくパック的なものを利用しました。 生活しているそのままの姿で業者さんに入ってもらい、全部荷造りをしてもらいます。 重たい物は男性スタッフ4人、食器などは女性スタッフ4人でどんどん片付いていきます。 本当にラク~でした! そして埼玉到着。 スタッフが男性2人、女性1人しか来ません。 え?!この人数で大丈夫?と思い確認。 らくらくパックの連絡がきていなかったようです。 しかも3月の繁忙期のため、急に人も増やせないとのこと。 手違いなのか、業者側はそういうつもりだったのか分かりませんが、片付けなければ生活できないので私達も必死に手伝い、その日はなんとか寝る場所は作れました。 荷造りがらくらくパックだったら、荷開けも同じだと思っていたので、もっとよく確認しておくべきでした。 引越は今流行りの断捨離のチャンスなのかもしれません。 でも片付けるのに必死になり、そんな余裕はありませんでした・・・

不用品の処分はしんどい

前回の引越しの時に一番面倒だったことは不用品の処分です。 実はこれらの不用品の数々はその前の引越しの時から 処分を先延ばしにしていたものたちです。 少し大きい家に引越しをしたので収納に余裕があり、 屋外の倉庫もついていたのでそこに放り込んでしまい ついそのままにしてしまっていました。 しかし次の引越しの時には間取りが少なくなり、 倉庫も使えなくなるということで、 今度こそは処分をしなければいけなくなりました。 屋外の倉庫に置いておいたものの数々は ホコリとカビが繁殖していて触るのも嫌な感じでしたが、 それらを借りてきたトラックに積み込んで 市の粗大ゴミ処分場に運び込む作業を往復2回ほど。 やっとのことで捨て終りました。 この経験があったからこそ、以後の生活では なるべくシンプルな生活を心がけるようになりました。 ものひとつ買うにも本当に必要か、 処分する時に困らないかなどを十分に検討するように 心がけています。 使えるものはリサイクルショップを活用するなどして 売ることでなるべく不用品を溜め込まない 生活をするようになりました。

10Km程度の距離で引越し

私が引っ越しを経験したのは、同じ市内で、10Km程度の距離でした。 遠い距離を移動する訳ではないので、気持ち的には楽でしたので、引っ越し先の建物で関わった不動産会社が紹介してくれた地元の運送業者に引っ越し荷物の運搬をお願いする事にしました。 アップライトピアノだけは運搬する際に故障してはいけないと思い、ピアノ専門の運送会社に別にお願いしました。 引っ越し作業を知り合いにお願いするケースもありますが、慣れないものが手伝うと専門の運送業者の作業に支障をきたしたり、怪我をさせたりするおそれもあるので、業者以外の手伝いは遠慮して頂きました。 だから、自分達が引っ越し作業といえば、小物の梱包だけです。 小物の梱包をするにあたって、自分達でも段ボールをたくさん準備したのですが、運送業者の方もたくさん貸出してくれたので、安心でした。 その段ボールを引っ越し先で業者の方に各部屋へと配置してもらうために、段ボールの外側には配置する予定の部屋の名前を表記しました。 引っ越しの荷物の全体量を減らすために、不要な物は勿論処分しましたし、いつか使うかもしれない物であったとしても、無いと困る物なのかを良く考えて、できるだけ処分する事を考えました。 こうして運搬する物を減らしたように思いますが、それでも結構な小物を梱包する事になります。 割れ物が特に神経をつかい、1個づつ新聞で丁寧にくるむことになるので、時間がかかりました。 引っ越しを経験して思う事は、日頃から今はやりの断捨離で物を整理しておくことが大事だなあという事です。

About 2013年02月

2013年02月にブログ「岐阜県のおすすめ引越し業者お見積り」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type